TOP>冷感症

「冷感症」に効く市販薬 おすすめランキング(4件)

「冷感症」に似た症状
四肢冷感症(漢方薬)

1位

バストミン 4g
バストミン 4g (婦人薬・指定第2類医薬品)
3,132円
効果・効能 「バストミン」は,有効成分に卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で,エストロゲンともいいます。)である,エチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した医薬品です。卵胞ホルモンは主に卵巣から分泌され,いわゆる「女性らしさ」や「潤い」をつかさどるホルモンです。ところが,加齢やストレスにともない卵巣の機能が衰えますと,卵胞ホルモンの分泌も低下します。そして,閉経期やストレスで卵胞ホルモンの分泌が急激に低下しますと,ほてりや発汗が生じたり,神経質になってイライラする,あるいは冷感症や不感症になるなど,さまざまな不定愁訴が生じます。これが婦人更年期障害です。また,閉経後は卵胞ホルモンがほとんど分泌されないため,性器の萎縮が生じて,性生活が困難になります。 このようなとき,「バストミン」は,不足した卵胞ホルモンを皮膚から補充するクリームで,これらの諸症状の改善が期待できます。肝臓にやさしく,少量で卵胞ホルモンを補充できることが特徴です。
メーカー 大東製薬工業
分類 指定第2類医薬品

2位

ヒメロス 4g
ヒメロス 4g (強壮剤・精力剤・軟膏)
2,330円
効果・効能 「ヒメロス」は,有効成分に卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で,エストロゲンともいいます)である,エチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した医薬品です。卵胞ホルモンは主に卵巣から分泌され,いわゆる「女性らしさ」や「潤い」をつかさどるホルモンです。
メーカー 大東製薬工業
分類

3位

ヒメロス 3g
ヒメロス 3g (強壮剤・精力剤・軟膏)
2,683円
効果・効能 「ヒメロス」は,有効成分に卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で,エストロゲンともいいます。)である,エチニルエストラジオールとエストラジオールを配合した医薬品です。卵胞ホルモンは主に卵巣から分泌され,いわゆる「女性らしさ」や「潤い」をつかさどるホルモンです。ところが,加齢やストレスにともない卵巣の機能が衰えますと,卵胞ホルモンの分泌も低下します。そして,閉経期やストレスで卵胞ホルモンの分泌が急激に低下しますと,ほてりや発汗が生じたり,神経質になってイライラする,あるいは冷感症や不感症になるなど,さまざまな不定愁訴が生じます。これが婦人更年期障害です。また,閉経後は卵胞ホルモンがほとんど分泌されないため,性器の萎縮が生じて,性生活が困難になります。このようなときに「ヒメロス」を塗布しますと,不足した卵胞ホルモンが補充されて,上記諸症状の改善が期待できます。肝臓にやさしく,少量で卵胞ホルモンを皮膚から補充できることが特徴です。
メーカー 大東製薬工業
分類

4位

神恵 60錠
神恵 60錠 (漢方薬・錠剤)
1,512円
効果・効能 ●当帰・芍薬・川きゅう・地黄・猪苓の5つの生薬を組み合わせた四物湯(しもつとう)を配合し,めまい,のぼせ,耳鳴などの更年期の諸症状に効果をあらわします。●末梢血管を拡張するトコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)とイノシトールヘキサニコチン酸エステルが血行を促進し,末梢血管障害,四肢冷感症,冷え症に効果をあらわします。●神経を円滑に働かせるシアノコバラミンを配合し,肩こり,腰痛に効果をあらわします。
メーカー 佐藤製薬
分類 第2類医薬品
ページトップへ